インド・ラーマクリシュナ・ミッション僧侶:マハラジから直接学べるヴェーダーンタ「ギーターとウパニシャッドを学ぶ会」(貴重講話)

インド領事館後援 ★インド哲学勉強会★
『ギーターとウパニシャッドを学ぶ会』
インド・ラーマクリシュナ・ミッション僧侶
スワーミー・メーダサーナンダ師の直接指導

本当の健康のためには、身体の健康の他に〝心と霊的な幸福″が大切です。
そのためにギーターやウパニシャッドの教えが助けとなります


【この勉強会の特徴】
①インドの聖典が日本で学べる
②インドの出家僧から直接学べる
③わかりやすい日本語で学べる

      ※とても貴重な経験です



だから・・先生と一緒に勉強しましょう

初めはわからないかもしれませんが、
ぜひ勉強を続けてみましょう!



毎日の生活のサポートとなる実践的なヒントがギーターの中にあります

バガヴァッド・ギーターには、純粋な霊的教えだけが書かれています。
人生の中で問題が生じたとき、どのようにして解決するのか。
すべての問題の解決策がこのギーターの中にあります。

そして私たちの人生の目的について、その方法についても導いてくれます。ギーターは日本語に訳されていますが、短かい賛歌の中には深遠な意味が含まれています。翻訳したものを読んだだけでは、その深遠な意味が分かりません。注釈を勉強することがとても大事です。ひとつのサンスクリットの単語には、いくつもの意味があり深いレベルでの説明が重要となります。

一人で勉強すると間違った解釈や誤解が生じるので先生と一緒に学ぶのが大切だと言われています

ウパニシャッドはサンスクリット語で、ウパ(upa)は『近くに』、ニ(ni)は『下に』、シャッド(sad)は『座る』から構成され、『先生の近くに来て一緒に勉強する』これがウパニシャッドの意味です。自分だけで勉強するのではなく、先生と生徒が一緒に直接会って勉強することに大きな意味があります。


★スワーミー・メーダサーナンダ師:プロフィール

インドのベンガル地方に生まれ、現在:神奈川県在住。インドの高名な僧団「ラーマクリシュナ・ミッション」出家僧。 インド哲学およびヨーガ哲学の重鎮。同僧団のヴィディヤマンディール大学 学長を経て、1993年より日本支部「日本ヴェーダーンタ協会」会長就任として現在に至る。 日本各地の大学、インド大使館にてインド哲学の普及に努力。 著書に「ベナレスの歴史」ほか多数。