大阪「ギーターとウパニシャッドを学ぶ会」では毎年恒例の懇親会が開かれています。

『ギーターとウパニシャッドを学ぶ会』
2018年3月恒例の懇親会が開かれました。
全国からご参加下さった受講生とご家族、マハーラージとともに和やかな時間を過ごしました。
今年の懇親会においての「インド文化についてのQ&A」、「受講生の感想」を抜粋し掲載しております

2018年3月懇親会「インド文化についてのQ&A」
by スワーミー・メーダサーナンダ師


質問◎ベジタリアン(菜食)という考え方がありますが、動物をいただくということについて教えて頂きたいです。

A; 皆さんにはこのような考えがありませんか? 霊的になるために、またはヨーガをするためにはベジタリアンでなければならない、と。今、論理的に、そして歴史を振り返って考えてみましょう。たとえばキリスト教徒はまったく肉を食べませんか? いいえ食べます。その中に霊的なレベルが高い方はいませんか? います。それが例。肉を食べても霊的なレベルが高くなることは絶対にある。たとえばシュリー・ラーマクリシュナと霊的な弟子(の一人か二人以外は)はみな魚を食べます。ホーリー・マザーもノンベジでした。そうした方々の霊的なレベルは低いでしょうか? 今反対に、ベジタリアンの方でも、心の中に、いっぱい暴力、憎しみ、嫉妬がある方がいませんか?(*菜食は非暴力の実践と考えられている) その方は霊的な人ですか? ──霊的なレベルが高いかの「基準」は、ベジタリアンかノンベジタリアンか、ではない。基準は心です、心の状態です、心がきれいかどうかです。ですけれどももちろん、食事については気を付けないといけない。好きなものを欲望にまかせて食べていては心のコントロールができなくなり、心の静けさ、清らかさが得られないからです。何に気をつけて食事すべきかというのは、ベジタリアンであってもノンベジタリアンであっても、まず食べ過ぎないこと。毎日肉を食べないこと。お酒を飲まないこと。これが論理的な意見だと思います。

質問◎今のインドの首相がヨーガ行者だったということは本当ですか?

A; インドのモディ首相は、ずっと前からヨーガをしていました。国でもっとも忙しい人は国の首相かもしれません──が、首相は(確かな時間はわかりませんが)毎日絶対にヨーガと瞑想をします。それをしてから仕事に入ります。私たちはいつも、忙しい、時間がないと愚痴を言っていますが、国の首相でさえヨーガと瞑想の時間を持てる、ということを考えてください。すると私たちは本当に忙しいのか、という疑問が生じます。では忙しい首相になぜそれができるのでしょうか? それは自分の心、自分のスケジュールをコントロールして、時間のマネージメントをするからです。一方私たちに、どうしてそれができない? 時間を無駄にしているからです。どれが大事な仕事、どれがそうでもない仕事、と区別ができていないからです。毎日たくさんのメールチェック、その返信、テレビ、おしゃべり、長風呂、睡眠の7,8時間・・・となんでも大事なように生活しています。そうではなく、大事か大事ではないかの識別をして、それらの割合をコントロールします。すると時間が出ます。その大事な時間を、瞑想のために、勉強のために、ヨーガのために、自己成長のために使ってください。私たちは、大事な仕事のことを考えず、大事ではない仕事で忙しくなっています。ですが「なぜこんなに忙しいのだろうか?」と内省すると、新たな気づきが生じます。

2017年3月懇親会ご講話
「聖典の勉強を続けてください」
by スワーミー・メーダサーナンダ師

 私はみずから選んで日本に来たわけではなく、本部(インドのラーマクリシュナ・ミッション)の指示で来日しました。見ず知らずの土地、言語、人びと、そしてインドと異なる長い冬に慣れるまではたいへんだったのですが、しばらくしたら、「私は日本に来てなんてラッキーなのだろう!」と思うようになりました。それは日本で素晴らしい人々に出会ってきたからです

 私は日本人が持つ気質や性質をとても尊敬しています。心配り、思いやり、まじめ、正確さ、細かいことをコツコツとやる…。そういったことを私は日本人からたくさん学びました。私が来日した本当の理由はこの学びのためかもしれないと思うほどです。ですがひとつだけ、日本の皆さんにこれを加えてほしい、それがあったらもっと素晴らしい、と思うものがあります。それは真理について考える習慣です。真理、永遠、無限

 そうした霊的なことについて考えたり、瞑想したり、勉強することにもっと親しんでほしいのです。聖典の勉強もそのひとつです。

 聖典を勉強する目的は「幸せ」です。聖典の一番の目的は、私たちに安定した幸せと知識をもたらすことなのです。それは「実践」を重要視していて、「どのようにすればもっと幸せに、もっと良い人になるのか」という方法を教えます。個人個人で考えてみてください。どの種類の勉強が私をほんとうの幸せにみちびくか。どの種類の勉強が人生で困ったときにほんとうにサポートしてくれるか。勉強しても、人生が困難なときに何のサポートも与えられないものがあるとしたら、それに存在意義はあるでしょうか。

 人生はとても偉大なものです。その気づきがないともったいないです。人間は個人個人、すべての人が素晴らしいかたなのです。なぜなら皆、自分の中に「無限」を持っているからです。「人と向き合うことは、海と向き合うのと同じこと」とことわざで言うとおり、人という存在は海のように無限です。しかしそれをあらわすのが難しい。

 無限をあらわす──それが聖典の目的です。ですから聖典の勉強をはじめてください、続けてください、やめないでください。途中で、自分がどれくらい理解できているか、どれくらい実践できているかが気になっても、それについては心配せずに続けてください。やめないで、続ける、それが一番大事です。

 続けると無意識のうちに変化していきます。聖典から聞いたこと、学んだことが無意識のうちに潜在意識に入り、自分でわからなくても良い方向に変化していきます。聖典の勉強をする前のあなたと、それをずっと続けたあなたは、ほんとうに違います。聖典を読むこと、聖典を聞くことにはそれほどの力があります。ですから私の助言はただひとつ、「続けてください」「やめないでください」ただそれだけです。

2016年3月懇親会ご講話
「人生になぜ聖典の勉強が必要か」
by スワーミー・メーダサーナンダ師

(1)人生でもっとも高い野心とは

人生は「高い」ものです。しかし一般的な人にその気づきはほとんどありません。

今、皆さんで『365歩のマーチ』を歌いましたね。「みずから幸せに向かって歩いていくのだ。歩きを止めずに前に進むのだ」そんな歌詞でした。私たちは、生まれてからずっとこの人生を歩いています。 そしてその結果は何でしょうか。私たちは、死ぬまでこの肉体で人生を歩きつづけます。しかし(私たちの人格の)心のレベル、知性のレベル、霊的なレベルの歩みは、まるで寝ているかのよう──ほとんどないようです。

「より良い人生を生きる」という“やる気”について考えるならば、野心がない人より、野心がある人のほうが、もっといいではないですか? 「お金持ちになりたい」、「学者になりたい」、「有名になりたい」、──野心がなければ生きるための“やる気”が出ません。そして最高の野心が──「真理を悟りたい」です。

「真理を悟る」、「神様を悟る」、「自分の本性を悟る」、これらはすべて同じ意味です。 人生を、その野心を持って考えるほうが、もっといいのではないでしょうか?なぜならその結果で、最高の知識、最高の幸せを得るのですから。それが人生の本当の目的ですから。 そしてそれには、肉体だけでなく、心と知性と霊的なレベルでも歩み続けなければならない。聖典の勉強は、そのために大事なのです。

(2)聖典の勉強はなぜ必要か

聖典(ウパニシャッド、バガヴァッド・ギーター、聖書、お釈迦様の言葉、ラーマクリシュナの福音など)の勉強が大事である理由は、その中に「真理は何か」「神様は何か」「どのように悟るのか」「悟りの障害は何か」「その障害をどのように取り除くか」「悟りの結果は何か」について書いてあり、私たちが人生を歩くうえでの大きな助け(サポート)となってくれるからです。「真理」のことを聞いたことがない人は、数えられないほどいます。しかし、

「真理」について、一度でも聞くのはラッキーな人。

「真理」について、一度でも話すのはラッキーな人。

皆さんはラッキー、私もラッキー。ともに恵まれています。 なぜなら、「真理」は人生の一番大事なことだからです。 すべてはなくなりますが、「真理」“だけ”はなくならないからです。

この肉体がなくなっても、今生で得た真理の知識は、来世、そこからスタートします。 これは、ふつうの勉強とは全く違うことです。 そのうえ、真理を勉強して進んでいけば、最高の知識と至福という結果を得ます。 真理の勉強は無駄ではない。

(3)それを続けること、そして実践すること

真理の勉強は、若い時からしたほうがいいですが、しかし真理を勉強するのに年齢の限度はありません。 いつからでもそれはできます。 一番大事なことは「続けること」。 続けなければ良い結果は出ません。 そしてもうひとつ。聖典が言うことをすべて理解しないといけない、ということはありません。

ここに、

牛乳について、聞いただけの人がいます。

牛乳について聞き、それを見た人がいます。

牛乳について聞き、それを見て、さらに飲んで、強くなった人がいます。

幸せ、幸せ、と口で唱えるだけでは幸せにはなれません。 そのための方法を知るひとつが聖典です。 たとえば『バガヴァッド・ギーター』を勉強すると、「どのように悟るか」「欲望のコントロール」「真理のことを集中して考えるには」など、実践的な方法がたくさん出ています。だから、その勉強をするのは素晴らしいこと。 さらにそれを続け、それを実践するのは、もっと素晴らしいことなのです。 そうした結果が、最高の知識と最高の至福なのですから。

(4)聖典のたった二つのエッセンス

聖典が言うエッセンス(真髄)はたった二つです。

「心をきよらかにする」。

「真理のことを集中して考える」。

聖書、ウパニシャッド、お釈迦様の言葉、ラーマクリシュナの福音── すべての聖典が言うことは、それだけです。哲学の議論や意味を完璧に理解できなくても、心配はいりません。 この二つを勉強して実践すれば、かならず結果があらわれますから。 それが人生をサポートし、至福と絶対の知識を得られますから。

(5)最後のメッセージ

今日の最後の私の助言は、「少なくとも2カ月に一度、聖典勉強会の、この神聖な雰囲気と環境に入ってください」。 難しいことを覚えなくては、とか、すぐに実践しなくては、などと考えなくても、 まずはただ参加してください。 それを続けてください。 するとすぐに実践しなくても、一年くらいあとか、5年あとか、来世かもしれない── それはわからないですが、結果は絶対におとずれます。 そのことを考えて、 皆さん、

2カ月に一度、ぜひこの勉強会に参加し続けてください。


2018年3月懇親会
受講生:感想スピーチ

Aさん

わたしは2011年の大震災をきっかけに、自身の「死」 を大きく意識するようになりました。自分がいつか迎える「死」 の瞬間に後悔しないように生きるためにどうしたら良いか考え、 すべきことを頭の中で整理し、 可能な範囲で行動に移していきました。 その過程で抗いがたい欲望も浮上し、 その欲望とどう向き合ったら良いか悩んでいました。 その欲望は満たすことも困難であり、 かといってずっと抑圧することも自身を消耗させ続けるため、 何とかしたいと思っていました。 わたしはこの勉強会に参加したことで、 自分の欲望とどう向き合うかのヒントを得ることができました。 そのヒントをもとに、自分なりの判断基準を持ち、 人生に活かしていこうと考えています。 初めて勉強会に参加した日は、 スワーミーが読み上げる聖典の声から、 神様の精妙なバイブレーションを感じたような気がしました。 すっかりサンスクリット語の響きにも魅入られてしまいましたので 、 今後は聖典の勉強とともにサンスクリット語の学習にも取り掛かろ うと思っています。

Bさん

勉強会を1年続けてこれたことをありがたく感じています。唐突ですが私の曾祖父は密教行者で修験道をした人で、また祖父は高野山で修行をした人でした。不思議なことに私を含めて周りには精妙なものがわかる人がいます。またそれがわかるがゆえの苦労も見てきました。私自身もそのようなエネルギーに振り回されて、自分がちゃんと生きていけなくなるのではないか、という危惧を持っていました。そこでそうしたことに詳しい人を探しましたら見つかって、おかげでその状態は脱したのですが、しかしその方は言行一致した方ではなかった。その経験から哲学も勉強せなあかん、と思うようになり自分で勉強し始めたのです。ですがこのような勉強は先生のもとで学ぶべきだと書いてあったので、先生との出会いを想っていたところにこちらの勉強会へのお誘いがありました。毎回勉強に来た時に、お題が自分のその時のテーマとリンクして、なぜかわかりませんが答えをもらって帰っています。たぶん、来るべきときに勉強会に来たのだな、と思っています。これは導きだと思い、正しい方向に向かって勉強させていただいていると思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。


2017年3月懇親会
受講生:感想スピーチ

Oさん

ヨーガをしていて、たまたま作年の永平寺夏期リトリートのチラシを見つけ、参加したのがきっかけです。そのとき皆で歌った「こころに咲く花」という讃歌にはとても感動し、「長い旅につかれた私に平安を」「暗闇の恐れから救いだしてください」というところでは涙がバーッと出て止まりませんでした。「はじめてのヴェーダーンタ」という本にも感銘を受けて、実は今4回目を読んでいるところなんですが、何がすごいのかと言うと、心とは何かということを分析して客観的に書いてある。そして子供のときからずっと疑問に思っていた、人生とは何で、死んだらどうなるのか、といった答えが書いてある。そのうえ翻訳も素晴らしいですし、何回読んでも目からうろこの印象で、ほかの本を読んでもいつもこの本に戻ってきています。この聖典勉強会は「真実を知る」喜び・楽しみを与えてもらっていると感じています。また迷ったとき、悩んだときの心の避難所にも思えています。リトリートにはどなたかのキャンセルが出たから私は行けたのですが、お導きというものを感じています。

Kさん

私は約10年ヨーガニケタンで勉強させて頂いていて、年に一回の学会でいつもスワーミーのお姿を拝見し、書籍の展示も見ているのですが、不思議と去年まではそれで終わっていました。ですが去年の学会で永平寺のリトリートのチラシをもらい、なぜだか理由はわからないのですが、「行ってみたい」と思ったのです。それはタイミングと言うのか、巡り合わせというのかわかりませんが、何かお導きがあったんだなっていうのは思います。以前の講義ですごく心に残っている言葉があって・・・、それは「あってもいい、なくてもいい、なくなってもいい」という言葉です。これは私の日本語のマントラのように感じて、何かあったときにはいつもそれを唱えるようにしています。ほんとに感謝しています。Oさんの影響で、私も「はじめてのヴェーダーンタ」を3回読みました(笑)。

Mさん

勉強会に参加して1年たちました。アマゾンで「バクティ・ヨーガ」を購入したときに入っていたチラシがきっかけでした。以前からバガヴァッド・ギーターやラマナ・マハリシの本が好きで読んでいて、その意味についてよく考えていました。この勉強会に参加してよかったことは、スワーミーがわかりやすく教えてくださることと、質問ができること、そして同じスピリチュアルなことを学ぶ人たちに出会えたことです。純粋な食物をとること、方便も嘘も言わないようにすること、静かなところで静かに考えること、自分が執着しているか分析すること、神を思うこと───このように教えて頂いたことを日常生活で実践しようと心がけています。勉強会に参加してから自分が変化したと思うことは、さまざまなことに執着しなくなったことです。それでもときどき世俗のことに巻き込まれてストレスを強く感じている、と気づくこともあるので、2ヶ月に一度でもスワーミーにお会いして、この勉強会に参加することは、自分の心の状態をよく継続することに役立っていると思います。新たな気持ちで世俗の海を渡っていける状態に感謝しています。これからも勉強を続けます。よろしくおねがいします。


2016年3月懇親会
受講生:感想スピーチ

Oさん

昔、車を運転中にとつぜん息ができなくなって、心臓が止まるのでは、という経験をしました。けいれんして病院に運ばれましたが、病名は過換気症候群でした。それ以来、この病気と付き合いながら生活し、突然「呼吸と心臓がとまる!」という経験から来る「死の恐怖」とも付き合っています。この恐怖は、癌の経験よりさらに強烈なもので、なかなか消えないのです。 「恐怖なし」という言葉が、過去の講座データを読んでいたら出てきました。 私はこれを求めて勉強会に来ています。

Kさん

娘が反抗期、主人が男性更年期、母が認知症。そんな日常の中、1日1回以上は心をしずめ、腹が立ったことや嫌だったことを、他人が眺める感覚で分析するようにしています。すると、腹を立てるのは、自分の見栄や子供への執着が原因だとわかり、聖典で学んだ「執着を手放す」「放棄する」などを思い出して、対応を変えるようにしています。 なぜか知らないのですが、自分が変わったら、娘が変化して、また主人の怒鳴り声も少なくなってきました。いつもおだやかにはできませんが、また私が静かになると、なんとなく家の中がおだやかになり、平和な日々がおとずれているなと気が付きました。

Nさん

「執着なし、怒りなし、欲望なし」、「執着の源は欲望」、「真理が好き。それが一番大事」、「精妙なもの、粗大なもの」、──最初の講義で耳にしたほとんどは、私がそれまで意識した事のないものでした。メモをとりながらあっという間に終わり、終わったあとは気分がとってもスッキリしました。 聖典を勉強してサポートされていること。それまでは結果に執着していました。ですが、それが欲望であることに気づくと、こだわりがなくなり平穏な気持ちになりました。また、「永遠」とは未来の方向にのみ言うのかと思っていましたが、過去にも言えるのだと知り、「生まれもしなければ死にもしない」という理解ができました。日々、メーダサーナンダジの言葉「あってもいい、なくてもいい、なくなってもいい」を思い出してはうなずいています。

Fさん

ヨーガ・アーサナを長くやっています。悩んだときにヨーガの本を読むと、合理的、論理的で理屈に合い、私にはとても理解しやすいです。講義の帰りに仲間と内容を振り返っては、解説し合って合点したり、会話の中で、「それは変化するものだから、執着してはだめですよ」などと話したり。今では、目先のことではなく、「大いなるもの」に意識を向けないといけないと考えるようになりました。 軽い認知症の母はクリスチャンで、不思議と、日曜になると教会に行きます。私はこれからの人生を、もっと宗教的に生きたいと感じています。宗教心を育て、今のうちに勉強をして意識と感性を磨き、悟りのはしっこくらいには足を掛けたいなと思い、しぶとく勉強させてもらっています。